禁煙1か月後の気のゆるみに気を付けよう

1ヵ月以上タバコを吸わない状態を維持できると、始めたばかりの頃と比べてタバコがないつらさや吸いたい気持ちはどんどん弱まっていきます。それでも「吸いたい」想いは残ります。

そんなときは、水を飲んだり、ほかに気の紛れることをしたり、カラダを動かしたりして気持ちをそらしましょう。1ヵ月経過すると、気のゆるみもでてきます。ちょっとした油断がもとの状態へもどってしまうきっかけになるので、注意しましょう。

気分の落ち込みは、信頼のできるところで相談を

1~2ヵ月程度すると、気分が落ち込み元気がでないときがあります。また、もともと情緒不安定や気持ちが落ち込む症状のある人は、それが強くなることも。ニコチンが抜けていく段階で起きる症状だということを覚えておいてください。

心配なときは、気軽に医師に相談してみましょう。信頼できる機関、頼れる家族や友人をもっておくことも大切です。また、好きな趣味やスポーツがあると、気分転換ができます。

2ヵ月以上過ぎたときの「1本だけなら」にご注意を

「ここまで禁煙できたのだから、1本くらい吸っても大丈夫だろう」。成功機関が長くなればなるほどそんな気持ちがでてきます。しかし、多くの場合その1本をきっかけに元の状態にもどってしまうということを覚えておいてください。

それまでの努力、禁煙を決意したときの気持ち、喫煙がいかにカラダに悪いものかをよく思い出してみてください。「禁煙に関するサイト」を定期的に読み返すのもいいでしょう。

人は、過ぎたことは忘れてしまう生き物です。ブプロンSRがどんなに効果的でも、戻ってしまっては意味がなくなってしまいます。「1本くらい平気だろう」という甘い誘惑がでてきたら、もう一度初心にかえりましょう。