行動パターンを変えて喫煙タイミングをなくしていく

これは、喫煙に結び付く行動パターンを変えて、タバコを吸うタイミングを無くしてしまうという方法です。

・朝食のときに吸ってしまう→もと違う場所で朝食をとる。
(喫茶店などでは喫煙ルームではなく禁煙ルームに移動するなど)

・食後に一服してしまう→ごはんを食べたらすぐに席を立つ
・コーヒーやお酒といっしょに吸う→コーヒー、お酒を控える

そのほか、過労をしない、ストレスをためない、夜更かしをしないなど、タバコに手が伸びそうになるシチュエーションをなくしていきます。

タバコに関係する人、モノ、場所から遠ざかる
環境を禁煙モードに切り替えていきます。まわりの人にも宣言しておくと、協力してもらえるでしょう。

・タバコ、ライターを捨てる
・タバコの煙が多いところには近づかない(パチンコ店、居酒屋など)
・タバコが吸えない場所を利用する
・喫煙者に極力近づかない
・マスクをつける

ほかのモノやコトで気持ちを紛らわす

・水や氷を口にする
・散歩や体操、掃除など、カラダを動かす
・お風呂に入る、シャワーを浴びる
・歯を磨く
・干し昆布や梅干しなど、違ったタイプの刺激で口を満たす
・耳や手のひらのツボをおして気を紛らわす
・本や映画、テレビなど、他のことに意識を向ける

それでもニコチン依存症の禁断症状は、自分の意志だけでのコントロースは難しいときがあります。そんなとき、ブプロンSRは、最高のサポーターになります。吸いたい気持ち、イライラ感を抑えてくれるので、ちょっとしたきっかけがあれば自然に気持ちが他をむいてくれます。

また、タバコをおいしくない、と感じる作用もあるので、喫煙者といっしょにいなくてはならない場面でもとても役に立つでしょう。